2009年11月03日

子供のころのお弁当

日本人は子供のころから、お弁当を食べる機会が沢山ありますよね。
幼稚園の遠足、運動会から始まり、大人になってからも会社にお弁当を持参する人もいます。
プライベートでも海にお弁当を持って行ったり、ピクニックに行ったりと、外で食べるお弁当は格別美味しいですよね。

子供のころのお弁当、特に小学生くらいの時は、友達のお弁当と比べたりしませんでしたか?
その家の得意のおかずやパターンがありますから、よそのお弁当は目新しいのですよね。
友達のお弁当を見て「あんなおかず、いいなあ!」とか「キレイに並べてあるなあ!」とか、その子のお母さんのセンスがわかってしまうのですよね。

私の母は仕事を持っていて、夜遅くまで働いていたので、朝作ってくれるお弁当は、あまり凝ってはいませんでした。
おかずの種類もそんなにはなかったので、友達に堂々と見せられるお弁当ではなかった記憶があります。

それでも母が早起きしてくれて、一生懸命作ってくれたお弁当はありがたかったです。
冷たいご飯が苦手な私に、炊き込みご飯を入れてくれたり、サンドイッチにしてくたり、「考えてくれているのだなあ」と愛情を感じられたからです。

他の子供のお弁当のように、おかずがキャラクターの形になっていたり、おにぎりがサッカーボールだったり、そういう子供が喜びそうなお弁当は作ってもらえなかったのですが、不満はありませんでした。
自分は子供ながら、仕事を持つ母親を理解していたと思います。

今、自分が母になってみて、やはりお弁当を作る大変さが良くわかりました。
子供たちはどんなお弁当でも残さず食べてくれます。
空っぽのお弁当箱が、母親に対しての感謝の気持ちなのでしょうね。
posted by お弁当 at 20:21 | TrackBack(0) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保温できるお弁当箱

お弁当を作って会社に毎日持って行く方もいらっしゃるでしょう。
また、高校生のお子さんに、毎日お弁当を作ってあげているお母さんたちもいらっしゃるでしょう。
日本人にとって、お弁当はとても身近な存在で、生活に切り離せないものです。

そこで、お弁当箱についてお話したいと思います。
みなさんはどのようなお弁当箱を使っていらっしゃいますか?

うちの子供たちはごく普通のプラスチックのお弁当箱です。
2段になっているのを使っていたころもあります。

次に買い換えるとしたら、「ランチジャー」にしてあげようかと思っています。
昔はすごく高かった保温できるお弁当箱ですが最近は随分安くなりましたよね。
二千円台で買えるものもあります。
値段によって保温力に差があるようですが、あったかいご飯が食べられるのならいいですよね。

ちょっと前まではお弁当箱のデザインも今ほど種類はなかったですよね。
お父さんが工事現場に持って行くような、ごついデザインの魔法瓶のようなランチジャーしか売られてなかった気がします。
今では女性向けの可愛いデザインや、子供向けのキャラクターデザインのランチジャーも販売されているようです。

ランチジャーの内容を見てみますと、ご飯入れ、おかず入れが大小二つ、味噌汁入れ、お箸とケース、それに専用のバッグと、結構充実していますよね。
夏以外はずっと活躍するでしょうから、ちょっと値段の張るものでも、がんばって購入してみようかなと思っています。
posted by お弁当 at 20:21 | TrackBack(0) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕食の残りをお弁当に

お弁当を簡単に作る方法として、手っ取り早いことは、前の日の夕食の残りを、朝、お弁当に詰めることです。
これで我慢できる人は簡単で良いのですが、やはりちょっと手間をかけて別のおかずに変身させたいですよね。
自分のお弁当ならまだ良いのですが、ご主人やお子さんだとクレームが来ちゃうかもしれません。

そこで、ここでは夕食の残り物をアレンジする方法をご紹介します。

子供も私も大好きなマカロニサラダ。
毎回、ボウルに大量に作ります。
次の日は、それをパンにはさんでサンドイッチを作ります。
同様にポテトサラダやコースルローサラダの時も同様にサンドイッチにします。

次にカラアゲです。
沢山作って冷凍する方法は以前にもお話しましたが、どのように翌日のお弁当のおかずに変身させるかというと、カツ丼を作る要領で甘辛く煮て卵でとじます。
水分を十分切ってからお弁当に詰めましょう。
また細かく切ってチャーハンの具にしても美味しいですよ。
残り物のご飯でチャーハン弁当、たまにはいかがでしょうか。

また、残ったひじき煮はご飯と混ぜてひじきご飯の出来上がりです。
卵に混ぜて焼いても味がしっかり付いているから美味しいですよ。

卵に混ぜて焼いたら美味しいものは、他にも肉じゃがやシチューなどです。
具を潰してわからないようにし、卵に混ぜて焼きます。
味のしっかりとついた玉子焼きが出来ますし、具も入っているのでボリュームがありますよ。

しょうが焼きや焼肉は、別のおかずに変身とまでは行きませんが、ご飯の上に乗せて焼肉丼弁当にします。
海苔をちらせば、残り物でもちょっと見栄えが良くなりますよ。
posted by お弁当 at 20:21 | TrackBack(0) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。