2009年11月03日

お弁当に豆腐料理その1

お豆腐は体に良いことは有名です。
夕食のメニューに登場することはあっても、お豆腐をお弁当に入れることって、あまりありませんよね。
お弁当のおかずに豆腐って、結びつかない方も沢山いらっしゃるでしょうね。

そもそも、豆腐はとても栄養価が高い食べ物でありながら、価格はとても安いです。
家計が大助かりな食材と言えます。

また、消化も早いので、運動会など、食べたらすぐ動かなければならない時、お弁当に入れてあげたい食材です。
それに、イソブラホンという美容に良い成分も含まれていますので、女性にとっては嬉しいですよね。
ですから、おからが美容に良い食品として注目されていることも納得できますね。

「お豆腐は体に良くて、安くて、美容にも良い」と言うことがわかっても、さて、それをどうやってお弁当に入れるのでしょうか?
冷奴を入れるわけには行きませんし、お豆腐は水っぽいので、水分がなくなるように調理しなければなりませんよね。

では、ここで、お弁当用のお豆腐料理をご紹介します。
まずは、豆腐のソテーです。

絹ごし豆腐をよく水切りしたあと、薄く切って、油を敷いたフライパンで焼きます。
ごま油だともっと美味しくなります。
豆腐は生で食べられるものですから、中まで火を通す必要がないので両面焼いたらOKです
しょうゆ、みりんで味付けして絡めたら出来上がりです。
豆腐ステーキにする場合は、やや厚めに切って、にんにくと醤油で味付けします。
バターを加えてもコクが出て美味しいですよ。
posted by お弁当 at 20:21 | TrackBack(0) | お弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131951199

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。